GTDがわからないところからOmniFocusを使ってみたw

シェアする

IMG_0059

日々のタスク管理にOmniFocusというソフトを使い始めて早4ヶ月が経とうとしています

このソフトを使い始めたきっかけは『GTD』を始めたかった訳ではなく、iPhone、iPadのToDoカテゴリーで純粋にアプリアイコンがカッコ良かったから…(ミーハー全開ですw)

OmniFocus 2 for iPhone
掲載時の価格 : ¥4,800(サイズ: 19.2 MB)
販売元: The Omni Group
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス


OmniFocus 2
掲載時の価格 : ¥4,800(サイズ: 20.7 MB)
販売元: The Omni Group
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
iPhone/iPadの両方に対応


iOS5以前はMacのiCalにあるタスクをBusyToDo – To Do List syncs with iCal and MobileMe 1.6.3(¥850)でiPhoneやiPadにも同期していました。iOS5からApple純正でReminderが搭載され、GPSを使った場所での通知、Siriを使った音声入力等々単なるToDo列挙としては中々ナイスな存在でした

年明けの気分転換で手帳を変える感覚のようにアプリをOmniFocusにしてみたのですが、コレが中々どうして、凄く使いやすくローケーション通知の自由度もReminderより断然良く、直ぐにお気に入りアプリとなったのです

お気に入りとなると、もっと使いこなしたくなるのが心情…

色々とネットで情報を漁ると、フムフム…OmniFocusは『GTD』を実践するためのソフトだとわかりました。てか、『GTD』ってなんかややこしそうだな…

GTDって何?!

GTD(Getting Things Done、ゲッティング・シングス・ダン)とは個人用のワークフローの管理手法である。デビッド・アレン(David Allen)が同名の書籍『仕事を成し遂げる技術 ―ストレスなく生産性を発揮する方法』(原題: Getting Things Done、2002年)の中で提唱する。ハッカー文化の一つで、LifeHack(ライフハック)の中でも代表的なものである。

引用元:Getting Things Done – Wikipedia

『GTD』のお勉強も徐々にですが始めました。先ずはDavid Allen氏の著書、各所で取り上げられている2冊を購入して一通りは読んだのですが…

私には難しすぎた…orz

ですが、ですが、結構な出費で使い始めた事もあり諦めきれなく、理論より実践でどう活用されているのかの情報をネットで漁り、沢山の海外BlogもGoogle翻訳でなんとかかろうじて理解でき。自己流ながらもOmniFocusの運用に慣れてきました。

難しいと思ったDavid Allen氏の書籍もOmniFocusを使っていくうちに、頷きながら読めているいる自分がいたりします(笑)

現在も試行錯誤しながらですが、以前よりも確実に心と脳のストレスは減っています!生産性向上を望んでいるMacユーザーにOmniFocusはオススメです

Mac版とiPhone版の組み合わせが、よりよい運用ができると思います

■運用の参考にさせていただいた海外のサイト(Blog)

OmniFocus for Mac – The Omni Group

Using OmniFocus with Tips, Articles, Tutorials and Screencasts

MacSparky – OmniFocus Screencasts

omnifocus | Simplicity Is Bliss

OmniFocus 2
掲載時の価格 : ¥4,800(サイズ: 22.6 MB)
販売元: The Omni Group
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス


スポンサーリンク